日記

- 世界陸上の女子10000メートル走を観た。ケニア人とエチオピア人の第一集団の5人が最初から独走し,ラスト2周ぐらいでロングスパートに入り,最後は100mのダッシュ勝負になった。優勝したのは,その名も「マサイ」さんだった。これはちょっと日本人なんか勝てないんじゃないかと思った。だって,彼らのDNAには「走ること=生活そのもの=命がけ」ということが刻まれているからである。あの走りは,チーターに追われたときのイモトの走りだ。この現代に,肉食獣に追われたり,何日も空腹で狩りをすることなんて,アフリカの人たちでもないのかもしれないが,あの走りに彼らの生活がかかっていることは事実だろう。日本人は,走らなくてもまぁ何とか生きていける。
http://www.afpbb.com/article/sports/sports-others/athletics/2630859/4459297
[PR]
by tut_ankh_amen | 2009-08-16 16:53 | 日記


<< 空を飛ぶ人たち 日記 >>