日記

- 最近,大学生時代に読みかけて読破できなかった『罪と罰』の続きを読んでいる。しかし,心理描写があまりにも多い。心理描写というよりは登場人物の発言だが,これが長い。これが地の文だったら,多分もっと多くの人が読んでいる途中で投げ出してしまうに違いない。しかし,誰かが話している言葉というのは,いくら長くてもそれが何か一つの隠された出来事やそれに対する心理のようなものを暗示していると,それを暴くために躍起になって読み進めてしまうものだ。人間は,「真実」とか「正義」「真理」といった言葉に弱いのである。そんなものは,ある社会の中で権力のある人間が,自分に都合のよいように制度を定めるための民衆を誘惑する言葉に過ぎないのに。
- 土曜日は,久々に雨が降って雷雨だった。中学校は運動会で,雨の中1時までやっていたらしい。あとは,次の日に持ち越しになったようだ。母は松月堂古流の花展を観に行った。雨の中,瑞浪~土岐を走り回った。
- 日曜日は晴れで,TOEICだった。金山の専門学校が会場だった。若い人が多くて,自分以上の年齢の人は職場で受けるからか,あまりいなかった。11時半頃から12時20分までが受け付けで,テストは1時からしか始まらないのは,いけてない。テストが始まるまでの40分のうち15分は休憩なのである。電車がないから早く着いてしまって,『罪と罰』を読んでいたが,テストが始まってから2時間も集中力がもたない。もう年なのかもしれない。テストは,迷う問題もあったが,大方は自信を持って答えられた。5分時間が余った。問題は回収されてしまうので,自己採点も見直しもできないというのはこれまたいけてない。問題をすべて再構成できる記憶力がほしい。とりあえず,be enthusiastic はofではなくaboutが来るということだ。帰りの電車まで時間があったので,五目ラーメンを食べて帰ってきた。目を使いすぎたからか,目がチカチカしてうまく見えなくなる症状が出た。神経を休めるために寝て帰ってきた。夜は,昨日の代わりに家庭教師に行った。
- もうすぐ教室に追いつので,10月の半ば頃から教室に入れるだろう。
[PR]
by tut_ankh_amen | 2009-09-15 03:37 | 日記


<< 小説を読むために知っておくべきこと 空を飛ぶ人たち >>