2009年度第2回の試験をやってみた

- 熟語・文法 20/25
- 空所補充 5/6
- 内容把握 12/20
- リスニング 29/34

だったので,66/113。合格点が76点だったようなので,英作文が10点で合格となる。
自己評価では,18点ぐらいは取れているのではないかと思う。

今回解いてみて感じたのは,語彙の問題はやたら難しい問題とそうでもないのがあるということ。やたら難しいのは解けなくても,他で補えば十分合格レベルに達することができるだろう。選択なのではっきり意味が分からなくても,こんな意味だったかなという程度の記憶で解けてしまう。まだまだ,語彙の勉強の余地がある。リーディングの点数を延ばすのは意外と難しいかもしれない。第1回も6割しか取れていない。一度読むだけで正確に選択肢との意味の違いを読み分けなければならない。先に問題を読んでおいて,問題文を読むときに聞かれていると思うポイントに来たら線を引いておく。選択肢の文を読むときは,ここが違うと思ったら線を引いて×を書いておく。これは,入試の国語でも使えるテクニックだ。そうすれば,読み直す場合でも最低限の箇所で済む。リスニングは,最初の文を聞き逃さないようにするのが結構重要だと思った。前の問題を考えすぎると時間が無くなって,最初の文を聞き逃してしまうので,早めに回答すべし。文章が長くなってもそんなに難しくはない。内容も頭で覚えていられるものがほとんどだ。TOEICのリスニングの方が大変な気がする。結構,ブリティッシュイングリッシュの話者が登場していたように思う。
[PR]
by tut_ankh_amen | 2009-11-25 19:36 | 英検


<< 癌 日記 >>