日記

- 『Dr. House』のシーズン2のDVDが今日返却だったので、ひたすら観た。と言っても、最初は英語字幕で分からん表現は全部メモして、その後日本語で見るから1話につき2時間ぐらいかかる。最終話で時間が無くなってきたので、日本だけで観た。『プリズン・ブレイク』も言い回しが難しいけど、だいたい言ってることは分かるが、『Dr. House』は英語だけ聞いてたら全然分からんし、英語字幕を読んで、あとから日本語字幕を観ながら英語を聴くと、あーそういう意味で言っていたのかということがある。しかし、日本語字幕の情報量が少なすぎて、話の流れは伝わっているものの、英語特有の切り返し方とか、皮肉っぽいジョークとかが訳されてないから、もったいないと思う。『Dr. House』からcynicismを取ったら何が残るんだろう。
[PR]
by tut_ankh_amen | 2010-07-28 11:54 | 日記


<< 税金の無駄遣いの証拠画像 Ten Necessary S... >>