日記 英語について思ったこと

- 翻訳をしていて&『Dr. House』を見ていて思ったのは、どんなに詳しい日本語の英語の文法書を読んだところで、ネイティブが使う英語のすべてを学ぶことはできないということだ。当たり前すぎるほど当たり前のことだが、いまさらながら再認識した。しかし、翻訳をしたり、(日本人であれネイティブであれ)英語で文章を書く以上、何らかのルールに則らねば書けない訳だから、一通りの文法は学んで、頭に入れて、いつでも使えるようにはしておかねばならない。日本では、基礎的な文法を中学でやって(文部科学省が学校では文法を教えてはいけないことにしてしまったというのは、正気のサタデナイト、おっとこれは所ジョージの歌のタイトルだった、もとい、沙汰ではない)、高校で発展的な文法をやって、受験では、そんなに難しくない単語がでてきて(難しい単語は簡単な単語に変えてあるのだろう)、やたら変な構文だけを日本語にさせ、毒にも薬にもならないなんの感銘も受けない長文を読ませ、単語の問題では記号を塗りつぶすか、「ア」とか「1」とか書くだけで、英語の点数になり、大学に入ればTOEICを受けて、記号を選んで塗りつぶせば、はいあなたの英語力はこれだけですと言って決められて、昇進に関わってきたりする。かなり皮肉を込めて言っている訳だが、だからといって日本で育つ以上、この過程から逃れるのは非常に難しいし、アメリカンスクールにでも行けば別だけど、アメリカンスクールに行くと、今度は逆に日本の大学に行くのに受けられる大学の数が少なくなってしまう。日本の英語教育および、英語参考書が教えることは、結局のところ、規則化できることと、その規則から外れた例外的な暗記事項のみだということだ。そして、出る問題は、先生や学者が理解できること、つまり英語教育や英語参考書から学んだ、すでに規則化されていることと、その規則から外れた例外的暗記事項(簡単に言えば入試によくでる知らなくても英語圏で生きていけるどうでもいいこと)だ。うまく規則化できないようなことや、ネイティブがその場の雰囲気とか自分の気分で作った規則とか単語なんて、文法書には書いていないし、試験にも出ない。だけど、英語を使うときに本当に重要で、日本人が英語を話したり聞いたり読んだり書いたりするときに悩むのはそういうところなのだ。映画を見ていて、聞いてる英語の直訳と日本語が違うことがよくある。日本語は英語のニュアンスだけを、短い日本語にしているが、英語を聴いていると、もっと具体的に言っていて、それが皮肉やユーモアを含んでいるが、ちゃんとニュアンスも伝えている。そして、ニュアンスだけの日本語から元の英語を作ろうと思っても絶対に不可能だ。それを考えると、日本語の字面を訳す能力なんて、英語の翻訳と言えるのかどうか疑問に思えてくる。受験レベルまででは、そういう英作文しかでてこないし、日本で翻訳の授業を取っても、意味をまったくそのまま訳すようにしか教えてくれない。だけど、多分、英語を使うというのはそういうことではないのだ。冠詞一つをとっても、というか冠詞は一番難しいのかもしれないが、役職を示す単語には冠詞をつけずに使うことが多いが、必ずしもいつも冠詞がないとは限らない。一つの文章の中でも、つけていたりつけていなかったりする。ドラマを見ていても日本人ならtheをつけてしましそうなところが無冠詞だったりする。そして、話していても不加算名詞、可算名詞がきっちり守られている。日本の辞書はCかUで書いてあることが多いが、その両方がついていることも多く、いまいち使い分けがはっきりしないが、英英辞典では例示してあることが多いので、多少参考にはなる。このようなことは、規則化されていないとか、学校で教えてくれないからと言って、できなくてもいいということにはならないし、先人を責めても仕方がない。結局、自分が学んで、真似んで、使えるようになるよりどうしようもない。
[PR]
by tut_ankh_amen | 2010-08-21 13:32 | 日記


<< 日記 論理と言語 日記 モテないオヤジの僻事(ど... >>