日記

- 会社を起こす友人と物件探しに行く。日当たりの良い4万6000円の物件と,駅から歩いて5分で家賃3万延だけど,築40年ぐらいで汚くて使いづらそうな物件。来週までに決めることになったが,今の時点ではとりあえず1年目は安いほうでもいい気がする。お客さんが部屋に来る訳ではないから,事務所はボロでも我慢するべきかと思う。1年で20万近く変わってくるならば,1年目の収益を見てからでもグレードアップは遅くないかもしれない。
- お昼にインドカレーを食べた。辛さが1~10まであって,自分は1で友人は2だったが,辛いのが平気な友人でも2はかなり辛いと言っていた。1は結構甘く感じたので,2には別の香辛料が使われているのかもしれない。
- 日本シリーズ。巨人が亀井と阿部のホームラン攻勢でペロッと逆転してしまった。昨日,点を取りすぎたのかもしれない。今日,日ハムが勝てば面白いのに。スライダーは,速い直球を内角と外角に投げ分けることができないピッチャーが投げたときに,高く入るといいバッターだと簡単にもっていかれるみたいだ。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-11-05 22:00 | 日記

日記

- 教室には病弱な子1人を除いて,久し振りにほとんど全員が揃った。終わってからうがいした。
- 日本シリーズ。日ハムが勝って2勝2敗に戻した。
- ジョギングした。コマコース。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-11-04 22:00 | 日記

日記

- ろくなことをせずに日が暮れた。
- お昼は寿司だった。
- 木曜に物件探しをすることになった。
- 日本シリーズ。日ハムが巨人に負けた。なんで谷を歩かせて,阿部に甘いインコースを投げてしまったのか。思いっきり引っ張られた。アウトコースは速球,インコースはボール気味の球で攻めたほうが良かったのではないか。
- Dr. Houseを日本語で観て,もう1回英語で観た。日本語の翻訳は,話が分かりやすくなっているが,その分面白さも半減している。例えば,栄養失調だと言って赤ん坊を連れてきた夫婦が,肺炎だと診断されていたのが良くなっているとDr. Houseから言われて,"Thank, God!"というのだが,Dr. Houseは,"Technically, Alexander Fleming, who invented antibiotics."と答える。日本語にすると,「神様ありがとう」「感謝するならアレキサンダー・フレミングにするんだな。抗生物質を見つけのは彼なんだから」という感じだろうか。英語で観ると,日本語ほどDr. Houseは悪い医者に見えなかったりする。日本語の語尾の使い方というのは,人の印象にかなり影響を与える気がする。もう1人の患者はNaomiだったが,多くの役者が"nayomi"などと発音していた。母音が重なるのが苦手らしい。だから,二番目の"o"が半母音になってしまう。あと,英語話者はアクセントをつけずに発音するのも難しいようだ。フランス語話者は比較的うまく日本語の抑揚に慣れるようだけど。若い医者の発音がイギリス英語っぽくて聞きとりにくいと思ったら,やはりオーストラリア出身の俳優だった。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-11-03 23:00 | 日記

日記

- ニュースを読んでるだけで日が暮れた気がする。
- カーマで買ってきた工具(ネジザウルスという)で,なめったネジを回せたので,かごを付け替えた。
- 寒くなりそうな天気予報なので,亀の水槽を冬眠用に作り変える。木の葉を敷き詰めて,水を水槽の1/3ほど入れ,亀を移したらすぐに大人しくなった。相当,眠かったんだろうか。
- 嵐の実験番組を観た。塩の船はどう考えてもあかんやろ。冬に氷の船で渡らんかい。ネギが再生するのは,普通に食べ残しを植えといて上の葉っぱだけ食べるしなぁ。キャベツは寒さから成長点を守るために丸くなるてのは知らなかったな。だから,新潟とかで雪の中で作ってるわけね。
- Dr. Houseを英語で観た。うーん。医学用語とか,Houseと若い先生の言ってることがよく分からない。今日聞いた話では,Dr. Houseの放送終わっちまうらしい。
- アメフト見てたら寝てしもた。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-11-02 23:00 | 日記

日記

- 定例会議。カーマに寄って工具を買う。一緒に会社をやるOくんと会う。彼は主にアプリ開発をする予定だ。それで,雑談とそういう関係の話と,段取りなどを話し合う。とりあえず今週中にアイディアと計画を持ち寄る予定。
- 日本シリーズ第2戦。ダルが投げていることに驚きながら,新庄の解説のいい加減さに呆れつつ,日ハムが勝ってこれからまた面白くなりそうだなと思う。巨人の投手陣のJapaneseの頼りなさを考えると,何だかいけそうな気がする~。
- 「新堂本兄弟」に出てる長澤まさみを観て癒される。
- BSで「ドン・ジョバンニ」を観ていたら,ドン・ジョバンニがツェルリーナとマゼットを館に誘う辺りまで見て寝てしまった。フィンチャンダルヴィーノとか観たかったのに。あと死ぬとこね。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-11-01 23:00 | 日記

日記

- 日曜,定例会議。新しく作る会社で一緒にやることになるMくんと会った。中1英語の教材をもって行ったら,意外と難しかったらしくビビっていた。中学あたりの勉強は,その当時は自分なりに理解していたつもりでも,いざ説明する側になってみると意外と難しいことをやっていたりする。英語だと,文法のしくみと逐語訳は覚えていても,他の単語はただ文章の中で意味を暗記していたり,文章の意味を文章の流れの中で覚えていたりするから,一つの単語を取り出してみたり,その単語を応用した文章になると,単語の意味が出てこなかったりする。そういう意味ではやはり,教科書だけでなく問題演習で文法や単語の意味を定着させていかなくてはならないが,多分公立の学校ではそこまでやる余裕はないので,塾に行っていない子は対外模試や入試で点が取れないということになる。
- 月曜。1級のスピーチの勉強。例題はたくさんあるんだが,うまく主張が書けない。「現代社会における占い」とか言われても,占いとか信じないしね。I don't believe fortune-telling.で終わっちゃう。でも,そいういうことじゃないんだよね。いい占いだけを信じればpositiveになって,暗いムードを払拭することが出来るみたいなことを英語で言わなくちゃいけない。そういういい子ちゃんの回答って難しいわ。こういう回答って一見客観的に見えて,説得力がありそうなんだけど,主観性の客観性というか,例えば日本人の大半が血液型により性格の違いを認めるから,血液型には性格の違いがあるんだという方式の主張のような気がする。科学的な根拠がないのに,多数決の論理によって客観性を得て,事実として取り扱われていく。そういうのって,どうなんだろうね。そういう主張をして論理的に相手を説得することに意味があるわけ?例えそれが英語の能力を測る試験だとしても。政治家が国会で政策に賛成,反対の議論をずっとやっても,システム自体が今の社会に役立つか役立たないか,利点と欠点が何か,理路整然とした議論をしない限り,よくならんのと同じだ。小学校に英語教育を導入して,英語教育を英語でしろというなら,国会答弁や省内の会議も英語でやって見本見せてくれ。
- 火曜。父親がアメリカ国家の歌詞とメロディーが合わず,うまく歌えないというので,The Star Spangled BannerやらGod Save the QueenやらLa Marseillaiseやらを録音して,CDに焼いた。なんかマイクがつながってて雑音が入ったりして,結局一日仕事になってしまった。なぜかジャージの長ズボンが1本しかないので,ジャージを買いに行った。久々に土岐川コースを走ったら腰が痛くなった。
- 水曜。ニュースを中心に英語の勉強。亀の冬眠用の木の葉を用意する。ちょうど去年の木の葉があったので,それを使用。気温が下がるより落葉の方が遅いから,冬に次の年用に取っておかないたほうがいいようだ。自転車を1台処分しようということになって,使えそうなパーツを取り外す。インフルエンザによる学級閉鎖で休んだ生徒がいた。mp3プレーヤにいたづらを仕掛ける。
- 木曜。ニュースを中心に英語の勉強。朝日新聞の社説の日本語と英語を突き合わせて,どういう風に英語にしているかを分析する。英作もやってみるが,うなるところばかり。ジョギングした。60.8kg, 14.6%。
- 金曜。ニュースを中心に英語の勉強。普天間は米海兵隊で,嘉手納は米空軍で,キャンプ・シュワブも海兵隊なんだね。あとは,JALと郵政とダムがホットだ。日経で拾ったネタで,5銘柄の株価を見ていたらすべての銘柄で昨日の終値より上がっていた。これはデイトレーディングでもしないと損だなぁ。あ,元手が無かった。オリックス証券とマネックス証券が合併するらしい。自分が使っている証券会社がどんどん合併されていく。図書館に頼んでいた本を取りに行った。本屋に母親に頼まれた本を取りに行った。100均で買い物をした。地元のスーパーで,亀田のわさび柿の種があったのでまた買おうと思って行ったら,忽然と姿を消していた。売れるの早い。入荷遅い。62.0kg, 15.0%。
- 土曜。亀の水槽掃除。天候不順でいつ亀を冬眠させればいいのかよく分からないな。休みなのにやたら重要なニュースが多い気がする。インフルエンザによる学級閉鎖で生徒が半分ぐらい来なかったので,テストが終わったところで今日はいいと言われた。音楽を聴きながらジョギングに行った。コマコース。日本シリーズを観た。日ハム対巨人。ノムさんの解説だった。無念そうだった。サラ・コナー・クロニクルズ3話目。最初から見てないせいかなんか話がよく分からない。知り合いは,つまらないからDVD借りるのをやめたと言っていた。「今夜も生でさだまさし-そうだ京都でやろう-」を観た。う~ん。最初は,紅白の後に,「年の初めはさだまさし」として始まって,ゲリラ的に低予算で行き当たりばったりの進行とコメントでやっていたから,紅白の批判めいたコメントなんかも飛び出したりして面白かったんだけど,企画されてしまうようになって面白さが半減してしまっている気がする。「たたきますぞう」もないし。歌も2曲ぐらいしかやってくれへんし。まぁ,こっちのTV番組に入れ込む気分のムラもあるからよく分からない。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-10-29 12:12 | 日記

日記

- 友達が一緒に会社を作ろうという話を持ちかけてきて,その会議を隣町の和食レストランで行う。まぁ,実際にうまく行くかどうかは別にして,やってみるということは勉強になるのでいいだろう。需要というのはどこかにあるはずだ。なぜならば,人間には欲求があるからだ。その欲求がどこにあるかを見つけ,いかに効率的に満たすかというだけの話だが,それが難しい。そこには,いくらしか使えないという金銭的な制限と,果たしてうまくいくのかしらんという不安があるからだ。しかし,利益が上がり,経営がうまく行き出すと,そういう不安が感じられなくなってしまい,横暴な経営が始まるのかもしれない。
- チャットでディクテーションをしているが,そこの知り合いの人が,翻訳をやってみないかと提案してくれて,契約書の翻訳を少しやったが難しかった。全然,進まないし,パソコンの電源が勝手に落ちて,翻訳用のパソコンは立ち上がらなくなってしまうし,Tradosを使おうと思っていたのに使えなくなってしまった。最低,1年か2年ぐらいみっちり勉強しないと,これは難しい。これも,か。でも,医療より法律の方がまだマシかもしれないと思った。
- 図書館で借りた本の期限が今週末までなので,必死こいて読んだ。今まで,ほとんど本は買ってきたが,市立図書館を通じて,岐阜県内の図書館の本が借りられるので,主に岐阜県図書館からになると思うが,これを利用しない手はない。ネットでは本の内容が分からないので,どうしても必要な本や読みきれなかったがまだ読みたい本だけ買えばよい。しかし,市の図書館は使えない。その辺の本屋で売っているような本や,学校の図書館で置いてあるような本を置く必要はあまりないと思う。箱物を建てたり,道路を作るぐらいなら,図書館を大きくして本を増やせといいたい。まぁ,本を読んでまで知識を得たいとか,深く考えたいと思わせる指導を今のほとんどの先生や親はしてないんだろうがな。
- インフルエンザによる学級閉鎖で中1の生徒が3人ぐらいいなかった。
- 教本で1級の2次試験の勉強。サンプルスピーチを読んでいると,ほんまにこんなレベルのスピーチを口頭で言えるんかいなと思う。そこら辺のネイティブでも難しいような。全然捗らない。ていうか,言いたいことがすぐに浮かばないし,全然イディオムとかが使えない。読めば意味は分かるんだけどね。
- 図書館に行ったら休みだった。第四金曜は休みだった。
- 亀の水換えをした。水換え時に亀を入れておくバケツを100均で買ってきた。そろそろ,冬眠用の木の葉を山から取ってこないと。
- 学級閉鎖で休んだ子といつもうるさい子たちがいなかった。その子達以外は,みんな真面目に英文を読むので発音がよく分かる。しかし,授業は進めやすくなるものの,活気がなくなった感じがする。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-10-23 07:47 | 日記

日記

- 起きたら祖母の声がした。ずいぶん前に天国に行ったのにと思ったが,もう一人の祖母だった。農作物などを持ってきてくれたらしい。一度,何かが好きだというと,それをかたきに作る。しょうがが好きだと(母親が)言ったらしく,しょうがを作って持ってきた。というか,しょうがというより,奴豆腐やワカメににしょうがを載せるのが好きだということなのに。散髪に行った。4ヶ月ぶりぐらいかな。亀の水換え。塾に家庭教師の子が合流。テストは,自分が今日あると言ったやつの1つ前のだったので(かどうか知らないが),満点が取れなかった。初回はほぼ全滅だったので,覚えているだけよしとする。板書をしている間,ボーッっと聞いていたので,知らないことがあったらノートに書くように言ったが,分かったような分からないような顔をしていた。毎回,細かく注意しないとできない子は,塾向きではない。その点,女子はノートに書くのが好きなようだし,言ったことはだいたい守るので成長が早い。塾から学年トップや地域トップになる子もいつも女子だ。何とも情けない話だ。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-10-15 14:13 | 日記

日記

- 月曜日は,家庭教師。英語の成績は3だった。自分が教えていなかった中間の点数が60点台で余りにも悪すぎて,期末で80点台を取ったが,他の生徒には追いつかなかったということだろう。後期に期待したいが,塾に入ってどうなることやら。家庭教師は教師が頑張ってやらせれば,なんとか上がるが,塾は個別指導で弱い分野を徹底的にやらせることはできないので,競争心を持って,他人に負けまいとして,自分で弱点を克服していってくれないと点数は伸びない。そういうのは男子の引っ込み思案な子は苦手かもしれない。内なる闘争心を持っている子は地道に練習するからいいんだけど。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-10-13 18:04 | 日記

日記

- 日曜日は,高校時代の友人に誘われ多治見少年少女合唱団のコンサートを聴きに行った。友人は自分がまだ海外にいると思っていたようだ。2,3年ぶりぐらいだろうか。また車が変わっていた。昼ごはんのパスタを食べながら,近況ややりたいことやこの地域の悪口を言い合った。以前も一緒にサイトを作ろうという話だったが,多分忙しさにかまけてポシャった。彼とは性格が違うし,専門分野も違うのでうまく噛み合えば,うまく行くのかもしれない。名古屋の近くのデニーズでさらに時間を潰すためにおしゃべり。時間になったので会場に向かう。高校時代の音楽の先生がその合唱団を率いていて,久しぶりに会って挨拶をした。まだバイオリンを弾いているのか尋ねられて,そういうイメージだったのかと思った。残念ながら長らく弾いていない。合唱は,一曲目が聖書の詩篇をヘブライ語で歌う曲で,最後のハレルヤ以外何を言っているか分からなかったが,大変上手いことは分かった。市民レベルの合唱団でここまでのレベルにするのは難しいのだろう。ただ,パーカションと弦楽隊が前にいて,合唱より手拍子や太鼓の音が勝ちすぎていたのとヴィジュアル的にも目立っていたのが少し調和が取れていない気がした。それにしても,詩篇の内容を理解して歌っているんだろうか。これは言わば聖歌という部類のものだが,それにしては厳粛な雰囲気とは言い難いアレンジではあった。むしろ,合唱と弦楽だけでも良かったかもしれない。二曲目は,沖縄の民謡を合唱風にアレンジしたような曲だったが,これも歌詞のほとんどが方言であまり意味が分からなかったが,歌の雰囲気は一曲目よりは分かりやすかった。途中,谷川俊太郎が詩をつけた曲があり,その詩は聞き取れて谷川氏の視点の使い方がうまいと思った。あとは,お祭り調の曲だったので,純粋な合唱曲的な雰囲気では無かったがエンターテインメントとしては面白い反面,芸術性がそがれる思いがした。30分の休憩があり,1時間程度のコンサートだったので,もう1曲ぐらい純粋な合唱曲で歌詞の分かるものが聴けると良かったかもしれない。声がいいといいなぁと思った。帰りは春日井辺りで海鮮料理を食べて帰った。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-10-13 17:57 | 日記

日記

- TOEICの結果が来たが,前回より10点下がってしまった。11月にもう一度受けるつもりだ。TOEICはどこを間違えたか分からないので,公式問題集を仕方なく購入した。リーディングの少しのミスで点数が下がっているみたいだ。とりあえず,1冊やってみて弱点が分かればよし。
- 午後から家庭教師の子を自宅で教えた。来週から塾に合流させる予定だが,塾でやっている試験をやったら1問しか出来なかった。成績を聞きそびれた。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-10-11 01:33 | 日記

小説を読むために知っておくべきこと

・小説(novel)は,文学(literature)の一形式である

文学のジャンルには,詩(poetry)・劇(drama)・小説(novel)がある。


・小説には,作者(author)がいる。

初期の文学である,神話(myth)や詩(poetry)(特に,韻文詩)は口伝されていたものを誰かが書き留めたものであるため,作者不詳のものが少なからずある(ギリシャ神話,ホメロスの作品,聖書等)が,小説はその名が表すように(イタリア語 novella;新しい種類の物語)18世紀以降に現れた新しい文学形式であるため,作者不詳のものはほとんどない。


・小説には,語り手(narrator)がいる。

物語の視点(point of view)となる語り手には,「一人称の語り手(first person narrator)」と「三人称の語り手(third person narrator)」がいる。一人称の語り手は,「私は」「僕は」など一人称の代名詞(英語では"I")を地の文で使い,作中人物となる。一人称で書かかれている小説の語り手を,作者自身と混同した感想文などがよくあるが,あくまでも作者と語り手は別人格であり,語り手は作者によって創造された人格(persona)である。ただし,一人称の語り手と作者を限りなく同一視することができる日本の小説を,「私小説(private novel)」という。三人称の語り手には,「全知の語り手(omniscient narrator)」や「信頼できない語り手(unreliable narrator)」」などがいて,作中の出来事や人物の心理などについて全て知っている語り手を「全知の語り手」,何らかの事情で出来事や心理が脱落したり,非常に主観的に語る語り手を「信頼できない語り手」と呼ぶ。


・小説には設定(setting)がある。

設定とは,いわゆる5W1Hのようなことである。いつ,どこで,だれが,なにを,どうしたか,ということである。「いつ」は,小説の時代設定である。SFや歴史小説は,設定が現代ではないことがほとんどである。また,小説が出来事を時間順に提示するとは限らない。例えば,村上春樹の『ノルウェイの森』は,主人公がルフトハンザ航空の飛行機に乗っている場面から始まり,過去を回想する。時間順に提示するならば,主人公は最後に飛行機に乗らなければならない。小説が提示する順に並んだ出来事の連続を「プロット(plot)」といい,それを時間順に並べ替えたものを「ストーリー(story)」と呼ぶ。作者は,ストーリーを考え,それを効果的に読者に提示するためにプロット(plot: たくらみ)を考えるのである。「どこで」は,小説の出来事が起こる場所である。作者に馴染みのある場所であることが多いが,実在する場所に似せた架空の場所であることもある。「だれが」は,登場人物である。その中の,1人もしくは複数が主人公(main character; hero or heroin; protagonist)となる。主人公に対して敵対者(antagonist)が設定されていることが多い。敵対者は,社会的な悪を体現していることが多く,読者は主人公が敵対者を打ち破り,小説の結末(ending, denouement)が社会的な善や幸福に導かれることを期待する。そこで,主人公や主要人物が死なないものを喜劇(comedy),主人公や主要人物が死んで終わるものを悲劇(tragedy)という。シェイクスピアの劇では,喜劇は結婚で終わることが多い。


・小説には読者(readers)がいる。

文学(literature)は,文字(letter)という記号(sign)により作られたテクスト(text:織ったもの)からなる。意味とは,テクストが読者に読まれて初めて生成されるものである。つまり,読者がいなければ小説も存在しないと言ってよい。(物理的には存在するが)しかし,作者が小説を書く時点で,自分の小説がどのように読まれるかを想定するはずである。そして,その通りに読んでくれる読者を「意図された読者(intended reader)」や「理想的読者(ideal reader)」という。しかし,記号の意味は,文化的背景や解釈者によって異なり,1つに定めることはできない。例えば,日本語の「公園」により,街中の小さい公園をイメージする人もいる一方,カナダにあるような広い自然公園も公園である。"Park"という英単語により,日本の四角く,住宅に囲まれた狭い公園を想像する英語話者は少ないかもしれない。つまり,記号の意味は,別の記号に左右され永遠に定めることができない。これをポスト構造主義者(post-structuralist)は「差延(differance)」と呼ぶ。作品を一つの記号と見なす場合,作品の意味は「差延」され1つに定めることはできないということになる。作品が「めでたし,めでたし(happy ending)」で終り,読者に明らかな意味を提示するテクストを「閉ざされたテクスト(closed text)」という。それに対し,読者に明らかな意味を提示せず,作品の意図を曖昧なまま読者に提示し,読者に意味を見出させるテクストを「開かれたテクスト(open text)」という。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-09-16 18:06 | 小文

日記

- 最近,大学生時代に読みかけて読破できなかった『罪と罰』の続きを読んでいる。しかし,心理描写があまりにも多い。心理描写というよりは登場人物の発言だが,これが長い。これが地の文だったら,多分もっと多くの人が読んでいる途中で投げ出してしまうに違いない。しかし,誰かが話している言葉というのは,いくら長くてもそれが何か一つの隠された出来事やそれに対する心理のようなものを暗示していると,それを暴くために躍起になって読み進めてしまうものだ。人間は,「真実」とか「正義」「真理」といった言葉に弱いのである。そんなものは,ある社会の中で権力のある人間が,自分に都合のよいように制度を定めるための民衆を誘惑する言葉に過ぎないのに。
- 土曜日は,久々に雨が降って雷雨だった。中学校は運動会で,雨の中1時までやっていたらしい。あとは,次の日に持ち越しになったようだ。母は松月堂古流の花展を観に行った。雨の中,瑞浪~土岐を走り回った。
- 日曜日は晴れで,TOEICだった。金山の専門学校が会場だった。若い人が多くて,自分以上の年齢の人は職場で受けるからか,あまりいなかった。11時半頃から12時20分までが受け付けで,テストは1時からしか始まらないのは,いけてない。テストが始まるまでの40分のうち15分は休憩なのである。電車がないから早く着いてしまって,『罪と罰』を読んでいたが,テストが始まってから2時間も集中力がもたない。もう年なのかもしれない。テストは,迷う問題もあったが,大方は自信を持って答えられた。5分時間が余った。問題は回収されてしまうので,自己採点も見直しもできないというのはこれまたいけてない。問題をすべて再構成できる記憶力がほしい。とりあえず,be enthusiastic はofではなくaboutが来るということだ。帰りの電車まで時間があったので,五目ラーメンを食べて帰ってきた。目を使いすぎたからか,目がチカチカしてうまく見えなくなる症状が出た。神経を休めるために寝て帰ってきた。夜は,昨日の代わりに家庭教師に行った。
- もうすぐ教室に追いつので,10月の半ば頃から教室に入れるだろう。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-09-15 03:37 | 日記

空を飛ぶ人たち

人は空を飛べない。当たり前のことだ。人には羽もないし,空気力学的に優れた形状をしている訳でもない。しかし,この厳然たる事実があるからこそ,走り高跳びや走り幅跳び,棒高跳びなどの競技が生まれたのであろうし,映像の世紀になって,映画やアニメの中で数多くの飛行シーンが描かれ続けてきたのだろう。空を飛べない人間が空中に浮くことに対するロマンというのは,いつでも人間を魅了し,闘志を沸かせ,人々を鼓舞する。それは,飛べない人間が地上を離れて飛ぶということは,必ず重力に負けて落ちてくる,いわば死と隣り合わせの行為だからである。死を孕んでいる「飛ぶ」という行為は,地上の人間たちにとって見ものなのである。その命を懸けた見せ物をスマートに行うこと,「かっこいいとは,『そういう』こと」なのである。しかし,誰も行うことのできない「飛ぶ」という行為は,本当にかっこいいのだろうか。かっこよく描かれてきているのだろうか。今一度,考察してみたい。

先に挙げた,陸上競技の跳躍種目は,「飛ぶ」というよりはむしろ「跳ぶ」と表現される,跳躍やジャンプに分類されるのであろうが,一定時間地上を離れるという意味においては,跳躍の選手は人間として最大限に「飛ぶ」ことのできる人々だとみなすこともできるだろう。陸上選手とて,飛ぶ機能は持ち合わせていないので,脚力やグラスファイバーの反発力および全身のバネを利用して垂直方向や水平方向に対する滞空時間を長くする訳だが,選手たちの全身の筋力を使った跳躍の姿というのは,文字通り必死であり,人間の力のある種の限界を示しているといってよいだろう。これは,かっこよくもあり,かっこ悪くもある。なぜなら,人間としてある競技において最強であるということを示すことは名誉であり,とてもかっこいいことであるが,それだけ必死に力を出し切っても,やはり人間は「飛ぶ」ことはできないから,かっこ悪いのである。それゆえ,空想の世界では,何気なく飛ぶキャラクターが多数想像される。

空想の世界で,空を飛ぶ有名なキャラクターの元祖は,「スーパーマン」だろうか。元々は,アメリカのコミックスだったと思うが,映画のスーパーマンは,空を飛ぶのにそんなに必死さは無かったように思う。無論,すぐ飛べては面白くないので,視聴者にそれなりにヤキモキさせる時間を与えていたとは思うが,陸上選手のように必死に跳ぶ感じは無かったはずだ。しかし,空を飛べないはずの人間が,主人公が普通の人間と違うからといって,あまりにも簡単に飛んでしまっては面白みがないし,飛ぶことにリアリティーが出せない。だから,『ドラゴンボール』の悟空はすぐには舞空術は使えないし,『魔女の宅急便』のキキはスランプに陥って飛べなくなり,とんぼを助けなければいけない時には箒がなく,モップで苦労して飛ぶ。しかし,一度飛べるようになってしまうと,飛ぶことが単なる移動の手段として描かれるようになり,ストーリー展開を速くするための手段になってしまうという側面もある。『ドラゴンクエスト』シリーズの呪文ルーラがその最たるものだ。

我々の日常生活にしても同じことで,これだけ誰でも飛行機に乗れる時代になると,飛行機に乗って海外に行ったことがあるぐらいではもう誰ももてはやさなくなり,海外に住んでいたとか海外の文化や言語を身につけていて,なおかつ日本文化や日本語も身につけているといった,より深いレベルでの海の向こうの世界とのコミットメントがもてはやされるようになってきている。そして,国内移動も飛行機を使う時代である。(果たして,リニア新幹線なんているのだろうか)

それはともかく,人が空を飛ぶ姿は,ウルトラマンのシュワッチにせよ,ドラゴンボールの舞空術にせよ,キキの箒やモップの補助あり飛行にせよ,人間の空を飛べたらなぁというロマンと作者のご都合主義の投影であり,かっこよさを追及したかっこ悪さの露呈ということができるのではないだろうか。宙に浮けるのなら何も,手を前に出すことはないし,体を水平に保っている必要もない。高速飛行をするためだというなら,そんなに高速で飛んだら風で目を開けていられないはずだし,手足によほど力を入れていない限りブルブルするはずである。そのようなリアリティーはすっ飛ばして,それなりに飛び始めるのに苦労はしながらも,いかにも何気なく飛んでいるように見せる。そこまで,人は地上を離れて飛べないことに対するかっこ悪さと飛ぶことに対するかっこ良さを無意識的に感じているのだろう。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-08-29 18:06 | 小文

日記

- 世界陸上の女子10000メートル走を観た。ケニア人とエチオピア人の第一集団の5人が最初から独走し,ラスト2周ぐらいでロングスパートに入り,最後は100mのダッシュ勝負になった。優勝したのは,その名も「マサイ」さんだった。これはちょっと日本人なんか勝てないんじゃないかと思った。だって,彼らのDNAには「走ること=生活そのもの=命がけ」ということが刻まれているからである。あの走りは,チーターに追われたときのイモトの走りだ。この現代に,肉食獣に追われたり,何日も空腹で狩りをすることなんて,アフリカの人たちでもないのかもしれないが,あの走りに彼らの生活がかかっていることは事実だろう。日本人は,走らなくてもまぁ何とか生きていける。
http://www.afpbb.com/article/sports/sports-others/athletics/2630859/4459297
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-08-16 16:53 | 日記

日記

- 井村屋のアイス。3人家族で今年33箱目。198本。1日半で1箱なくなる。夏が終わったら家族の体重3倍ぐらいになってんじゃ。
- 最近全然勉強してない。教えるのだけでいっぱいいっぱい。今まで英語をやったことがない子に,4ヶ月で中1の内容全部教えようとしてるから。
- 虎渓山までジョギングで行った。帰りはほぼ歩いた。往復約16km。高校のときの通学路だ。虎渓山に自販機が無くて,ジュースを求めて彷徨った。カキ氷スタンドはあったんだけどね。お腹冷えて走れなくなっちゃうから。
- 梅干を天日干しした。
e0163538_9533614.jpg
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-08-14 09:44 | 日記

日記

- どなたか,『標準ロシア語入門』のCDをお持ちではありませんか。
- 今年は3人家族で8個のスイカを食べた。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-08-02 20:05 | 日記

日記

- 先週,3日ほど連続で電話して出なかった自転車屋に行ってみると,やはりシャッターが下りていて,表に貼り紙がしてあった。長期休業のお知らせだった。そして,結構広範囲で何軒かほかの自転車屋が紹介してあった。意外にも家に近いところに別の自転車屋があったため,そこに行ってみたら70代ぐらいのおじいさんが車の修理の横で自転車の修理をやっているようだった。パンクしたのを一度自分で修理したが,やはり空気が抜けてしまうので,亀裂が入っているタイヤごと交換してほしい旨をつげると,すぐに自転車をひっくり返してチューブを引っ張り出して見てくれた。そして,こんなチューブの入れ方ではだめだとか,しっかりゴムが当たっていないとか,説教をくらってしまった。なんでも国家試験やでという説教をひとしきり聞いたあと,やはり全部とっかえないとだめだということで,値段といつまでにできるかを聞いて自転車を置いてきた。その後,隣町のコメダまで行ってコーヒーを飲んで家に帰った。
- 夜は中1の子の英語の家庭教師だった。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-07-28 01:06 | 日記

日記

- JTFほんやく検定を受けた。今回は日英翻訳。RDB入門の記事の翻訳だった。あんまり難しいとは思わなかったけど,同じような構文ばっかり使いすぎたかなぁ。どう評価されてるか楽しみだ。最低でも3級が欲しいなぁ。英日も受ければ良かった。塾で英語をやっているときにゲリラ豪雨が降ってきた。オールスターを観た。昔の対決は迫力があるなぁ。選手たちが自分より年上の頃は,インパクトが強いけど,自分と同じ年齢か下になるとあまり迫力を感じなくなるのかもしれない。やはり,小学生や中学生のうちに感化されるというのは大事なことだ。そこで強い印象を受けたものは,人の一生をかけてやることになるのかもしれない。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-07-25 23:54 | 日記

2次の結果

- 落ちました。凹。しかし,ほとんど勉強らしい勉強をしていないことを考えると,凹むのはおかしいのかもしれません。ここで使わなかった運をサマージャンボに活かしたいです。とか,そういうことではないな。しかし,スピーチを30本用意したとしても,自信をもって2次試験に望めるようになるとは思えない。むしろ,当たって砕けろ的に受けられた1回目だからこそ思い切ってできたということもある。これで秋の仏検が受けれなくなってしまった。対策はおいおい考えます。とりあえず目の前のほんやく検定に集中します。もっと英語の勉強をしろと神様が仰っているので勉強します。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-07-21 23:31 | 英検

日記

- 英検の2次試験の結果が待ち遠しい。Trialをなんとか終えて朝提出した。会社によってTrialの問題の作り方がかなり違う。前のところは,ただ単にソフトウェアの販促の文章のようなものを翻訳するだけだった。しかし,何が悪くて落ちたのかさっぱり分からん。疑えば,文体,個々の単語,引っ掛け,すべてが駄目だったような気がしてくる。しかし,これ以上の訳を出せと言われても,今の自分には出せない。よって,悩んでも仕方がない。もう少し受けてみて駄目だったら別の手段を考えよう。今回のところは,全部で6問あった。販促,ソフトウェアヘルプ,用語説明など。ネットで検索していたら,Yahooの掲示板でそのまま一文質問している人がいたが,答えがめちゃくちゃで笑えた。もっと情報処理の知識がないときついかなぁ。TrialではTradosは使わなかったが,用語認識オプションが使えないままになっていたのが,この機会に何とか直ってよかった。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-07-20 17:02 | 日記

Workbench2007がMultiTerm2007を認識しない問題

- Workbenchの用語オプションでMultiTerm7が選択できない場合

It turned out that the only way to solve the problem was to uninstall all versions of Java and .NET Framework as well as MultiTerm, restart, and then reinstall MultiTerm, which also installs the required versions of Java and .NET.

で解決するらしい。

もっと簡単に

Since the problems were solved, I've installed a programme with Microsoft .NET Framework 2.0., and as a result, I ran into the same old problems.
This time I uninstalled only .NET Framework 2.0 instead of doing all the steps mentioned above, and now everything works as it should.
So my conclusion: if you have MultiTerm 7.1.0 Build 361 on your computer, you cannot have any programmes requiring .NET Framework other than version 1.0 ...

かな。

http://jpn.proz.com/forum/sdl_trados_support/131417-tw_2007_cannot_find_multiterm_2007.html

しかし,.NET Framework全削除しても選択できん…。
Trados 2007とMultiTerm7を全削除してもう一回初めから入れ直して,パッチも当てたら認識するようになった。
が,今度はSynergyが.NET Framework2が入ってないとかいって入らない。入ってるっちゅーに。

一番いいのは,Trados2007削除,MultiTerm7削除,.NET Framework3&2削除,Trados2007最インストール(.NET Framework2が自動インストールされる),MultiTerm7インストール,各パッチインストール,Windows Updateかなぁ。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-07-16 17:39 | メモ

日記

- 都議選で自民党が負けて,解散するというニュースをBBCでやっていますね。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-07-13 15:34 | 日記

二次試験

- This is the morning of the Eiken speech and interview test. Two minutes are too short to explain my notion for the answers of questions. My speech speed may be too slow...
 何はともあれ終わった。前の日から超緊張していてトイレに行く回数が普段の倍になりました。
 そのくせあまり勉強していませんでした。普段やっていたのは,BBCかNPRのネットラジオを聞き流すのとTVでやってる映画を英語で観るぐらい(分からない箇所が多々有り)。あとは,たまに英語の新聞やTIMEを読んだり。といったことは普段やっていることで,2次用の勉強ではないな。2次用には,過去問のスピーチを写して,日本語訳にして日本語から英語にできるかやってみようとしていましたが,5問ほどで終わってしまいました。前日と当日の朝,あまりに緊張していたので,緊張をほぐすために過去問の他の問題のトピックから2分間のスピーチができるかどうかやってみましたが,だいたい1つぐらいは話せるトピックがあったので,2分間で理由付けまでできれば何とかなるだろうと思ってタカをくくりました。
 名古屋の布池教会内の外語学校の会場に行ってみると,付近に人はほとんどいなかったのに部屋には30人ほどの人たちがすでに椅子に座って待機していました。机がなくてマークシートに名前や受験番号を記入するのが非常に難しかったです。しかも,下でつながっている2枚の紙を切り離さずに2枚ともに記入しなければなりません。なんであんな構造になっているのか不明。携帯電話は電源を切って袋に入れ,首からぶらさげなければなりませんでした。9時半になると,会場が締め切られ,トイレにもいけなくなりました。1級はかなり厳重に管理されているようです。部屋の両サイドに,来た人から順に4人ずつ腰掛けていったようですが,まず向かって左のグループから別の控え室に連れて行かれたので,真ん中ぐらいに到着したのにも関わらず,比較的早い順番になりました。別の控え室がさらに2つに別れていて,1つの控え室に縦2列で腰掛け,1列ずつ別の面接室に連れて行かれました。この緊張感と静寂さはユダヤ人がゲットーに連れていかれるのものに似てるのではないかと考えていました。合計1時間の緊張の末,グッタリしてきて机に臥せっていました。
 やがて自分の番が来て,面接官を前にすると,開き直りがでてきて,仏検凖2級のときほど緊張していませんでした。スピーチの前の質問では,「自分のことについて述べてください」と言われたので,「会社に勤めていたが,2年ほど前に辞めて,フリーランスの翻訳者になろうとしている」と言いました。まだ時間があったようで,「暇なときには何をしていますか」と訊かれたので,クラシック音楽を聴くのが好きだと答えると,「コンサートにはよく行くのか」と訊くので,「よくは行きません。最近は,勉強して過ごしていることも多い」と答えました。すると時間になったようで,トピックカードをひっくり返すように指示があり,上から見ていきました。係官が時間を計るために,タイマーをピッピと鳴らしたのを気にしながら。最初のトピックは,「老人が今の社会で置いてきぼりになっているか」というような内容で,インスピレーションが沸きませんでした。次のトピックは覚えていませんが,これも難しいなと思いました。三番目は,「地方分権をもっと推進するべきか」というような内容で,これはネタとしてホットですし,普段賛成だと思っていることなので話せるかどうか分からないけれど,ぜひとも話してみたいと思いました。続いて4番目と5番目も軽く見てみましたが,もうすでに20秒以上使っていたので,3番目で行くべきだと思い,あとのトピックは見ないようにしました。
 時間が来ると,何番目のトピックを選んだか訊かれ,スピーチをするように言われたので,「自分はこのトピックには賛成だと答えたい」と言うところから始め,今の政治は中央官僚が力を持ちすぎていること,地方の知事や役人にももっと権力を与えるべきだ,大阪府知事の橋本氏や宮崎の東国原知事がそういう主張をしている,というようなことを話していたら時間がきてしまいました。その流れで,質疑応答に行き,日本人の面接官から,「誰がそれを推進すべき」かというような質問があり,もちろん「市民が声を上げ,まず投票に行かなければならない」という主張をしました。その後,「誰がそれに対して責任を持つべきか」という質問があり,「やはり首相がやる気にならなければできないので,我々はそういう首相を選挙で選ばなければならない」と言いました。正確には,政党や議員しか選べないですが,そこはうまく説明できませんでした。あと,地方分権を推進したら,外交などは誰が責任を持つのだと訊かれたので,そういうことはやはり中央の役人や大臣が責任を持たなければならないと言いました。Nativeの面接官からは,地方分権によってどのような政策を実行すべきかと質問がありましたが,これは非常に困りました。自分の住んでいる地域は比較的田舎で,道路を作ることが政治だと思っているようなところがあって,それが自民党の旧態然とした政策である。それを変えなければならないと言いました。それはあまり納得できなかったようで,同じ質問を最後にまたされたので,それは地域の必要性に合わせるべきだ。例えば,子供の養育や新生児の世話など…と,要するに産婦人科医が足りないというようなことを説明しようと思いましたが,時間がきていて焦ってしまってうまく説明できませんでした。そのような感じで面接が終わりました。

どうやら,配点は下記のようになっているようです。
・Short Speech (30点満点) 5点×6 3点 18
・Interaction (30点満点)5点×6 4点 24
・Grammar and Vocabulary (20点満点)5点×4 2点 8
・Pronunciation (20点満点)5点×4 3点 12

自己採点では,62点ですね。60点合格なら受かっているかもしれません。
- 丸善で父親に頼まれた,Golden Booksのディズニーの絵本を購入し,なか卯で親子丼を食べて,三省堂で仏検の問題集を買って,Terminator Salvationを観て帰ってきた。
- ジョギングした。土岐川Bコース。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-07-12 07:06 | 英検

結婚後の三大費用

- 教育費 子供1人につき全て公立なら1000万円;全て私立だと1600万円
- 住宅 ローンを組むと1.5倍の額を返さなければならなくなる
- 老後 夫婦で5000万円(月20万円×12ヶ月×20年)
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-07-11 14:04 | メモ

ランダムハウス英和辞典(第2版)の間違い(typo)

- 「gland」の項目の「limph gland リンパ腺」は"lymph gland"の間違いに違いない。
- 「flank」の項目の「a way flankd with rosebushes 両側をバラの茂みにふちどられた道」の"flankd"は"flanked"に違いない。
- 「capital」の項目の「7 0nterest on capital 資本に対する7分の利息」は"7% interest on capital"の間違いに違いない。(July 18, 2010)
- 「staggering」の項目の例文「a staggering 850f them それらの内の実に85%」の"850f"は"85% of"の間違いに違いない。(Oct. 13, 2011)
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-06-28 15:48 | メモ

日記

- 工業英検2級の合格証書が来た。合格証書以外に合格者のつどいの案内が入っていただけで,点数も模範解答も分からない。ありえねー。模範解答が欲しくば,500円分切手を同封せよとのこと。秋にしか行われない1級は仏検とかぶるし。今のところ仏検を受ける予定です。
- 一番大きい亀のほっぺがなぜか膨らんでいる。蚊にさされたのか,腫瘍なのかよく分からない。
- Windows UpdateでIE8に更新されるときたので,IE6を使っていたがバージョンアップしてみたが,IE7同様すぐに強制終了のウィンドウが出る。ただ,IE7のようにウィンドウが閉じない分進化したというのだろうか。IE7以降はWindowsXP用ではないのかなぁ。新しいタブを開くのに5秒以上もかかるなんてありえなさすぎる。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-06-27 17:30 | 日記

英検1次合格

- Webで合格発表があった。81点合格で82点で合格していた。英作文の点数は16点だった。今回は簡単だったという評も多いし,自分でもこの点数には納得できないが,今回はどうしても合格したかったので嬉しい。ここで喜んでも仕方ないのだが。2次試験は1次以上に自信がないが,やってみるしかない。しかし,過去問をやった上での受験対策っていうのは非常に重要なんだなぁと実感するのであった。難しいとされる試験ほど,対策を立てて当たらないと受からない。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-06-26 16:09 | 英検

日記

- 中学生の英語を指導していて思うこと。地方から全国区の有名大学へ進学するには。
 例えば,自分が住んでいる東海地方の最難関学部であると思われる名古屋大学医学部へ進学することを目標にすると仮定する。国立大学の医学部は,首都圏,地方に関わらず全国の猛者達が受験してくる。よって,他の学部と違い,いくら名古屋大学といえどもライバルは全国区である。ここに受かる実力があれば,国公立大学の他学部や有名私立大学の他学部には合格するだろう。予備校の医学部偏差値ランキングを見ると,東大,京大,阪大,東京医科歯科大,九州大,東北大,千葉大,北大,東北大,名大などとなっている。ここに受験形態が違う防衛医科大も入ってくるだろう。それぞれ定員が80~100名であることを考えると,全国模試で500位以内に入ることが目標になってくる。
 全国で500位というのは,相当難しい。全国の有名私立高校や難関国公立高校の上位者でほとんど占められるだろう。だから,親は子供をそういう学校へ行かせたがる。しかし,地方で育った子供がそういう中学や高校,または中高一貫校へ行って,ついていけるのだろうか。残念ながらそういう例を聞いたことがない。親が医者や歯医者で,子供に跡を継がせたくて,全寮制の有名私立高校へ通わせても,ついていけなくて(悪い言葉で言えば,落ちこぼれて)ゲームばかりしているなどという相談もあるし,だいたい高校に入ってから,ついていけないからと英語を習いに来ても,中学から習いに来ている地元の公立高校へ進学した子よりもできないし伸びないのである。地元の公立高校からでも,医学部に進学する生徒もいる。結局のところ,学校の勉強だけでは,どんな高校に行っても偏差値の高い大学へは進学できないのである。
 では,なぜ私立の中高一貫校や難関高校へ行くと全国模試で上位に入れるのかと言えば,中学の勉強から進度が速いからである。中学の勉強を2年で終わらせ,1年早く高校の勉強を始めることにより,他の受験生より1年長く受験勉強をするからである。この進度の速さのせいで,落ちこぼれる生徒はとことん落ちこぼれる。進度の速い進学塾へ行ったり,自分で予習・復習をしたり,先生の言っていることが理解できる早熟な頭を持っていないとついていけなくなる。総じて,地方ののんびりした公立の生徒たちには向いていない。幼いうちから電車に乗って幼稚園や小学校に通ったり,都会の人ごみに埋もれて生活している都会の子供は,恐らくアイデンティティーの確立が早く,自分の居場所や地位を確立することに必死になるはずである。それがサブカルチャーの方向に向かうか,勉学の方向に向かうかは,親の指導や子供の性向によるだろうが。
 難関大学の受験において,自分のライバルの半分は浪人生である。大抵の現役生は夏休み頃から受験勉強を始めるが,浪人生は一年長く受験勉強をしているのである。現役生は圧倒的に不利である。これに対抗するには,現役生も一年早く受験勉強を始めるしかない。つまり,地方の学生が全国レベルの難関大学へ行く一番の近道は,有名私立中学に入ることなんかじゃなくて,中学の勉強から学校より自分で先に進んでいって(またはそういう塾へ行って),一年のリードを保ち,高2までにすべての受験科目を一通り勉強してしまうことである。一番のポイントは,一年(以上)早く高校の勉強を始めることにある。中学の勉強は,総じて簡単であり,教えるレベルや量が地方や先生によって全く異なる。公立中学の進度に合わせていたら,中高一貫校での生徒たちに遅れを取ってしまう。そういう意味では,大学入試の合否は,すでに中学1年で決まっていると言ってもいい。中学の勉強で,全国レベルの参考書を読み,問題に当たり,中3から高校の勉強を始めること。これを子供ができる環境を整え,モチベーションを与え,ヴィジョンを示すのが親の役割と言える。「勉強しろ」と言って,有名私立中学に入れても,それだけでは現役合格は無理だろう。
 各教科の勉強法というか特徴のようなもの(各論)や受験以後ということも書いてみたい。受験以後はなんだかばかばかしいので書かないかもしれない。いや,本当はそっちの方が重要なんだけど。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-06-25 20:02 | 日記

1次試験合格点

- 英検の1次試験合格点が発表された。81/113点(71.7%)である。英作文が16/28点取れていないと合格できない。16点取れていたとしても,ギリギリ合格である。あまり嬉しくないな。
[PR]
# by tut_ankh_amen | 2009-06-25 20:02 | 英検